白い液

コミック

ほっとけば、普通に売れる美少女漫画家になってたハズなのに、有り余る(!?)ギャグの才能が、普通に売れる美少女漫画家の道を塞いでしまった悲劇のH漫画家・月森泉の処女単行本。少女の清涼感、カワイイ度は郡を抜いているのに、・アルプスの症状…逆転一発マン子・のタイトルに伺えるような、ギャグセンスが、普通のズリネタになるのをジャマしている。嘘だとおもうなら中を見てみるよろし。