夜京徘徊

コミック

舞台は幕末の京、夜な夜な侍が惨殺されその手口から人では無く妖怪ではないかという噂が流れる。下手人に高額の賞金が掛けられ、連はやっきになるが兄の志度はそれは勤王の志士の類だろうと乗り気では無い。連は自分だけでも下手人を探し出そうと夜の京に飛び出すがたちの悪い同心達に捕まって…他、姫を助けるべく敵の城に乗り込むが逆に捕まってしまったくの一の話、異教徒に侵攻された祖国を守る為に神竜の契約を結ぶ竜族の少年と人間の少女の話、神に対しわだかまりが生まれた天使長がそこを魔族につけ込まれて魔王に堕ちる話など、全11編を収録!