とろける体

コミック

これを描いていた頃、ゼロの者は第1次ブームのピークにいた。CGで描くことにも慣れ始め、画力が飛躍的に向上している。そして今でも彼の最高傑作という声もある。「テイリュウジョ」のような抒情的な青春コミックもあるかと思えば、とことんエロの深奥を抉ったような「鏡」のような作品もある。また、デビューしたてに描いた「ぶらぼー亭の冒険者」なども入っていて、彼の才能の拡がりを充分に認識出来る一冊となっている。