淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第2話】堕ちた人妻

コミック

オーナーとして自らのマンションに住む住人を、奴隷として調教している女王・遥。彼女が次のターゲットとして定めたのは、夫と供に越してきた新婚ホヤホヤの人妻・彩央依。盗撮・盗聴を行い、彩央依の旦那が単身赴任することを知った遥は、奴隷の優を彩央依の元へと送り込んだ。女を堕とすために性奴隷として調教されていた優は、まだ未開発の彩央依を激しく凌辱する。「旦那のチンポの味を完全に忘れるまで――鬼ハメするから」盗撮していた遥によって、自らの弱点をすべて知られていた彩央依は、優の淫戯に抗うことができない。それでも暴れる彩央依に大量の浣腸を施す優――。「ご…んな……ひっ 私ィおヒリ初めて……なのにィ」今までに感じたことのない怒涛の責めの中、彩央依は悦楽の中に溺れていき――!?巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描く大作官能絵巻、ハードな凌辱を描く第2話が登場!!