応援してあげる

コミック

ノスタルジックな街角で彼女は待っていた。橙色に染まった雑踏の中で共に過ごす、ゆっくりと流れる優しい時間。