ポルノ畑でつかまえて

コミック

講談社の休刊になった『ヤング・マガジン・アッパーズ』に描く前、この作品を描いている頃が玉置勉強のエロ漫画家としての最盛期だったと個人的には思っている。読んでもらえば解るが、超エロエロなのにストーリーもステレオタイプではない!ズーッとベッドでやりっ放しの男女を描いているだけなのに青春しちゃってる「二人はケダモノ」とか、オトナノのオモチャの試作現場のHを描いた「アレのできるまで」とか、エロもハードだけどストーリーもおもしろい。一粒で二度オイシイ作品多し!