近親姦通3

コミック

自分の母親を押し倒し、下着の中へ手を入れる息子の勇壱。母親は戸惑いながらも息子の愛撫を受け入れてしまう。ヴァギナを開き、クリトリスと肉壁周辺を念入りに舌と唇で吸い付くように愛撫した。息子の刺激的な舌使いにたまらず喘ぎを漏らしてしまう母親。さらに息子はヴァギナへ指を入れ、掻き回しながら弄ぶ。母親は喘ぎながら身悶えると、今度は息子のペニスを受け入れるように股を開き、恥汁で充たされたヴァギナへ誘う。息子の固くなったペニスが母親へのヴァギナへと挿入される…。息子のピストンに熟れた柔らかい巨乳を振り乱してピクつき始める母親。母親は淫らな声を発し、息子のペニスから放出される熱いスペルマを膣内で感じながらアクメに昇りつめたのであった…。人気作家が背徳的で淫靡なセックスを過激に描く近親相姦アンソロジー!!