まだダメ…も少し

コミック

現在、SMっぽい作品を描く作家は掃いて捨てるほどいる。が、この上総志摩ほどSMの本質を描ける作家は他にいない。SMは体をイタぶるだけでなく、その事によって魂をイタぶり、女を堕とすところに醍醐味がある。「ラグナキャッスルのとりこ」三部作もそうである。気の強い王女が悪党どもをやっつけようとするが、逆に囚われの身となってしまう。その王女の心と躰を悪党どもがモテアソブのだ。…そして、身も心も堕ちていく。