美少女羞恥責め

コミック

プールの休憩時間中、生徒の貴野は教員である涼美を四つん這いにさせ、自分の太く勃起したペニスをしゃぶらせる。さらに涼美の柔らかい豊乳の間にペニスを挟ませると、パイズリでしごかせた。両腕で乳房を抱え込み、ペニスを挟むように一生懸命しごく涼美。そんな涼美の顔をめがけ顔射するのであった。「貴野君、もういいでしょ?もうすぐ休憩時間終わっちゃう」哀願して許しを請う涼美だったが、貴野はそんな涼美の水着を無理矢理脱がし、再びイキり勃ったペニスをバックから挿入するのであった。膣内を突き上げる激しいピストンに声が漏れないよう耐える涼美。膣内射精の予感を察知した涼美は身体をくねらせ必至に抵抗するも、貴野はその制止も聞かずに精液を膣内へと放出させるのであった…。人気作家が描く淫辱と羞恥の鬼畜劇がここに!!