三条友美全集5

コミック

4巻からの続き。鬼頭にアナル調教を受ける果織。一度は芳彦のもとに帰ってくるが、再び鬼頭のもとに戻る。浣腸され、そのまま浮浪者とセックスさせられて、果織は自分にマゾの本性があることを知った。尻に鬼頭のペニスの入れ墨を施され、売春までさせられる。その果織を連れ帰った芳彦は、巨根男と共に巨大な張り型を着けて果織を抱いた。果織の心を取り戻した芳彦は、本当のスワッピングを始める。だがそこで芳彦も自分がマゾであることを思い知らされるのだった。ついに夫婦で鬼頭のもとへ行く決心を着け…!!