Mother

コミック

あの日から息子は部屋に引きこもったまま…。やはり彼は母親(わたし)を許せないのだ。複数の男に嬲られるままよがり声をあげ、何本もの男根で絶頂を味わうあさましい姿をさらしたこの私を…。それは忌まわしいある日の出来事。息子の目の前で、男たちに凌辱されつくした。だが息子が考えていたのはそんなことではなく、あんな事で感じてしまった母親を自分が「慰める」術だったのだ!!禁断の関係はそうして始まる…。