天然ほ組

コミック

自分のアパートの隣に夫婦が引っ越してきた。夫の方は自分よりも遙かに年配のオヤジ、妻の方はどうみても女子校生としか思えないくらいに若くて可愛い女の子である。夫婦というよりもむしろ親子だろう・・・というくらいの年の差夫婦である。という事は、すでにキスはもちろんセックスまでもしているのか…と想像すると、あまりの破廉恥さにオレは少しイラついた。ある夜、残業に疲れ果てて帰宅した時、壁の向こう側から「あっ、あん」と女の喘ぎ声がかすかに聞こえてきた。オレはおもむろにベランダをつたって、隣の窓から様子を覗く事にした。見つからないように息を殺し、カーテンの隙間から部屋の中を覗き込む…。するとぷっくりと膨らんだ乳房を揉みしだかれながら、背面騎乗位でペニスを挿入されている若妻の姿が見えた。「あっ…あぁ、あん!」窓の外でも聞こえる激しい喘ぎ声を上げ、乳房を揺らしながら悶える若妻。そんな若妻の裸体を弄ぶように強烈にペニスでピストン運動を繰り返す年配オヤジの夫。オレは興奮しながら、その様子をただただ凝視する。そして若妻が絶頂をむかえそうな程にバックで突かれていた時、窓の外のオレと一瞬目が合ってしまった……『突然隣の…(前編)』人気作家あまの・よ~きが描くグラマラスな女の子達の過激な日常と性態!