調教御奉仕レッスン

コミック

「うぅ…う…ああぁ…ッ」誰もいない教室で口にギャグボールを銜えさせられ、縄で身動きが取れないように縛られた全裸の女生徒は、パンティの下に動くローターの振動に耐えられなくなり、ビクビクと身体を痙攣させながらイキ果てた。「ははっ!内田さん、まーたイッたの!何回目?」男子生徒は高笑いしながら、自分をフッた女生徒のお尻をものさしで叩く。「その目…僕をフッた時もそんな目をしてた……みんなそうさ…ぼ、僕をお人好しとバカにして……」怒りがこみ上げてきた男子生徒は、ズボンのポケットから丈夫な糸を取り出し、薄ら笑いを浮かべながら、女生徒のパンティを脱がせてゆく。「ククッ、もっと楽しくなろうねぇ~」男子生徒は女生徒のヴァギナをこじ開けて、やや勃起したクリトリスをその糸で縛り、さらに糸先を乳首に結び付ける。乳首とクリトリスを糸で結わかれてしまった女生徒は「もうやめて…ヒドイ事しないで…してもいいから、お願い」と涙ながらに哀願するも、男子生徒に糸を刺激されて悶絶する。「あっ、ダメ!わたし…あああ!!」強烈なクリトリスへの刺激に、女生徒はプシャーッと失禁に近い潮を吹きながら、再び絶頂させられてしまう。何度もアクメに達してヘトヘトになった女生徒も気にせず、男子生徒は怒張したペニスを出すと、そのまま淫汁まみれになったヴァギナへ強引に挿入する。「いやぁ!ダメぇ!!引っ張られちゃう…。ああっ!!」激しくヴァギナへ打ち付けるペニスのピストンと、またしても訪れる糸による強烈なクリトリスへの刺激。「あああ!ダメ…い…いく!!」もはや尋常とは言えない男子生徒の狂気的な愛撫に、女生徒は絶叫を上げ身体をピクつかせながら失神しそうなほどのアクメに達したのであった……『調教御奉仕遊戯』吉野志穂が描いた超過激な凌辱作品と羞恥的な調教作品をたっぷり凝縮した一冊!!