M-MAN

コミック

小石川圭が自分の中に渦巻くあらゆる要素、例えば人間が意識的にではなく本能として持っている「悪意」、どんな状況下でも人間の意思としての究極の真実「LOVE」、ただただ泣くしかない心に流れ込んでくる「さみしさ」、何故なんだと問うても答えがない「かわき」、人間をもう一度信じてみようと決心してからの裏切り「絶望」、温かい日差しのように圧倒的に訪れる「希望」、そして最後にこだわりのメタル魂を少々、もちろん圧倒的なスケベテイストをドロドロ仕掛けて完成させたのが「M-MAN」なのです。どうです、こんな紹介の仕方、文学的でしょう(笑)。でもきっと読んで下さった皆様にはエロ漫画魂をお分かり頂けると思います。作者渾身の全10編をぜひご覧下さい!