いつも誰かと朝帰りッ

コミック

ああ……、これは夢? そうよ、見ず知らずの男に犯されるなんて……。私はきっと、あの日から悪い夢を観てる。知らない男に監禁された。その日から、くる日もくる日も私は拘束され、凌辱され続けた。――そう、まるで人形のように。お願い…誰か……、誰かこの悪夢から私を助けて……。