人妻の午後

コミック

巨乳主婦の密かな楽しみ、それは官能小説を読みながらの激しいオナニー。輪姦される主人公に自分を重ねて妄想し、バイブが突き刺さったヴァギナからはグチュグチュとイヤらしい音が響き渡る。彼女はバイブの振動だけでは物足りず、自分で握ってズポズポと出し入れさせ、子宮口に届くほど深く突き立てると、小説とリンクしたように絶頂に達する…。