純真娘

コミック

従弟の裕くんが塾に行ったあと、私は彼のゴミ箱を漁りました。彼がオナニーに使ったティッシュに興味があるんです。すごいニオイを嗅いでる内に興奮してきて、自分でアソコをいじり始めてしまった私。ところがオナニーにふけっているところを裕くんに見付かってしまったんです。もうガマン出来ない。恥ずかしがる裕くんのパンツを下ろして、強引にフェラしちゃいました…。かわいい絵柄と程よいアブノーマルさに興奮出来る一冊!