少女密猟期

コミック

父は昔、何人もの女を強姦していた。父が遺した日記や写真からそのことを知った俺だったが、心は落ち着いていた。俺だけがおかしいのではない。父にも俺にも同じ血が流れているのだ。ある日のこと、息子がガールフレンドを連れて来た。若い女の尻に目を奪われる。胸のざわめきを感じつつ家を出、いつもの「廃屋」に向かった。そこで俺は、息子にも「同じ血」が流れていることを知る…。淫靡なムードが立ちこめる作品集です。