満員電車の女

コミック

かねてより働きたいと思っていた佳那子。働きたいとは思っていたが、通勤電車のことは全然考えてもいなかった。夫とともに満員電車に乗ると夫はお尻を弄りはじめる。驚いた佳那子だったが、エスカレートするに連れて、今までに感じたことのない快感を覚えてきて…!!