若妻・肉壺の檻

コミック

この生々しさは何なのだろう? 美少女コミックとは明らかに違う! 又、凡百のエロ劇画には全くない妙な生々しさが、この劇画には息づいている。……二十余年前、富田茂は、SM劇画をもって華々しくエロ劇画界にデビューし、あっという間にスター作家に昇りつめた。その画力、ストーリーの面白さとも群を抜いていたからだ。この作品集にも、その片鱗は伺われる。『ナマ身の感触』『予期せぬ代償』など、その着想の面白さに驚かされる。ま、読んでみなさい!