キャノン先生トばしすぎ(8)

コミック

新作に取り組むも締め切りに間に合わず、牛田編集長から引導を渡されてしまった貧太。だがたまたまそこに居合わせた同業漫画家の海乃と対話の中でエロ漫画家を志した情熱を思い出し、あと少しだけ時間をくれるよう牛田に必死に懇願する。果たして貧太は新作を描き上げることが出来るのだろうか…?一方キャノンは貧太と愛し合った映像記録をオカズに、オナニー三昧の時間を過ごしていた。しかしいくら自分を慰めても空しさが募っていくばかりで…。