大きな恋のメロディ

コミック

幼馴染みの健斗と夏希。だが、自分よりも身長が高くなった夏希にコンプレックスを感じる健斗は、どこかよそよそしく接してしまう。ある日、健斗の部屋で2人で勉強をしていると、バスケ部の練習疲れが出たのか夏希は眠ってしまった。相変わらず子供のような夏希を微笑ましく見つめる健斗…。すると大きな体よりももっと大きな胸が目に入ってしまう。寝てる間にちょっとだけ…、と健太はオッパイを鷲掴みに。柔らかい感触を楽しんでいると、夏希が目を覚まして…!?