お姉さんはレースクイーン(2)「ナースと遊ぼう」

コミック

盲腸で入院している鈴木一雄はごくフツーの会社員。そんな彼の悩みは、看護婦さんが妙にセクシーなこと…。剃毛中にパンチラを見せ付けられて、一雄のオチ○チンはボッキしてしまいます。それを見た看護婦さんは「治ったらHしてあげてもいいかなー」と思わせぶりなセリフ。一雄は全く期待してなかったのですが…。ある退院を前にした夜、一雄の病室に看護婦さんがこっそり入ってきました。一雄の前までやってくると服のチャックを下ろして、96のHカップという自慢の巨乳をさらけ出します。大コーフンの一雄ですが、看護婦さんからHのために「ある条件」が出されます。その条件とは…「私がいいってゆーまで手を出しちゃダメ」!!プニプニの巨乳を顔に押し付けられてもオアズケの一雄。我慢出来ずにピンク色の乳首を咥えてしまいます…。