股間にエクボ

コミック

亭主が亡くなって三年…。未亡人の由加里は夫の墓前の前でお参りをしていた。そこへ亡くなった亭主の弟が現れる。弟は由加里の艶めかしい人妻の色気に後ろから由加里を羽交い締めで抱き寄せる。弟は由加里の胸元に手を差し入れ、豊満に実った乳房を揉み出した。抵抗する由加里だったが、突起してしまった乳首を弄られ、濡れ始めたヴァギナへ指を入れられると、思わず女の甘い喘ぎを漏らしてしまった。弟は由加里の下着を剥ぎ取り、兄の墓前で大きく勃起したペニスを由加里のヴァギナの奥へと挿入し、激しくピストンを繰り返すのだった…。