姉弟生出し受精

コミック

いけないことだとは解っていたが、弟のかおるを好きという気持ちを抑え切れずに…。始めは触り合っているだけだったが、かおるの精液を舐めることで、興奮した私はそれから毎晩かおるを求め…。