もぎたてフルーツボディ

コミック

ケンタローの元へ一ヶ月前に義母がやって来た。グラマラスで若くて優しい義母なのだが、近眼のせいなのかどこかおっちょこちょい。そんな義母にケンタローはいつしか恋心を抱いてしまっていた…。ある日、メガネをかけ忘れた義母が玄関先で転んだのをケンタローが助けた。義母は自分の夫が助けたものだと勘違いをして、ケンタローに抱き付いてしまう。ケンタローの体に押し当てられる義母の柔らかく大きなおっぱいの感触。ケンタローは興奮して思わず勃起してしまう。そのまま義母は息子と知らずに息子の成すがままに身体を預けてしまう。