一夜の娼婦

コミック

寂れた温泉街の河川敷で寂しそうに佇んでいる赤ん坊を抱いた女。身を安じて近寄って来た男に今夜泊まる宿がないと、女は自分の体を男に差し出す。一夜限りの娼婦と男は、お互いの寂しさを紛らわすように自身の性欲の思うままに激しく貪り、求め合い官能に酔いしれていく。