インモラルな放課後

コミック

少女は小さな駅の端に立っていた。恥ずかしさを堪えながら通り過ぎる急行電車の方へコートを開き、自分の全裸を見てもらうのだった…。サギに引っかかり、少女は借りたお金の返済のためにテレフォンSEXのバイトを始めた。「Hが大好きなんだって?」、「いつもパンティ乾いたことないんだって?」かかってきた電話の男の声に少しずつ興奮してきてしまう少女。だんだんその気になってきてしまい、相手の声に指図されるまま、下着を脱いでクリトリスを摘むように弄くる。「あっ、んあぁ!」そして大きな喘ぎを漏らしながら、身体の仰け反らせて少女はそのままアクメに達してしまう。その後日、少女の自宅へ太いバイブと携帯電話が送られてきた。鳴り出す携帯に出てみると、この前のテレフォンSEXした男の声である。「バイブ使ってよ…」徐々に要求が酷っていく電話の男の声に、少女はあの感じたアクメの快感が忘れられず、応じてバイブをマ○コへと挿入してしまう…『テレフォンスレイブ』インモラルな官能の世界とセックスに悶える少女達の姿を、吉野志穂が過激に描く!