恋たるばでぃ(7)

コミック

瞳子とキョウコという二つの人格を持つ少女。主人公・尚空は、疑問を抱きながらもそんな彼女との関係を続けていた。ある日、瞳子の友人の佐倉から、キョウコとよく似た少女が病院に入院しているらしいという噂を聞き、キョウコに鎌を掛けてみることにした尚空。しかしその結果は意外なもので、キョウコと名乗る少女は病院で眠る榎原響子であることを認め、その後気を失ってしまう。丁度その頃、当の響子はというと、担当の医者の魔の手に掛かっていた。薬を盛られ抵抗出来ないのをいいことに、肉体を弄ばれる響子。果して尚空達はキョウコの正体を突き止め、彼女を助けることが出来るのだろうか…。