桃色少女液

コミック

「気付いてたわ、前からずっとお前が覗いてたのをね」、「か…、継母さん」自分の夫を寝取った女の息子・聖を仕方なく引き取って家に住ませている継母は、見知らぬ男とのセックスを覗かれ聖に問い詰める。「ご、ごめんなさい!」謝る聖に「叱られてるのにどこ膨らませてるの、やらしい子!!」と股間をハイヒールで弄くりながらいたぶる継母。「もう限界です!お継母さん!」継母の足を舌で舐め回し始める聖。必死に抵抗しながらも、継母は衣服を剥ぎ取られて真っ裸にされてしまう。聖は継母をマングリ返しにすると、露わになったヴァギナに指をこじ開け、クリトリスを激しく口で愛撫する。抵抗しながらも身を震わせて、女の甘い喘ぎを漏らしてしまう継母。歯止めのきかなくなった聖は、継母の豊満なおっぱいの先のツンと尖った乳首を揉みながら、充分に淫汁で濡れきった継母のヴァギナへ、勃起したチ○ポをバックから突き刺したのだった…『エピカステ』人気作家MANA-KOが激しく描く、淫ら女や少女の変態的ハードエロス!