虐肉の夏祭り

コミック

夏祭りの時期、都会を離れて田舎に帰省してきた夫婦。祭り見学を渋る夫を尻目に、一人出掛けた妻に淫靡な視線を送り続ける男達が襲い掛かる。外れの納屋で次々と男達に犯されながらも、求める欲望の快感に悶え狂う妻。そして次の日、疼く身体を抑え切れず、より更なる快楽を求め再び同じ場所へ向かう妻がいた。