母親の香り(後編)

コミック

ある夏の日、マモルは友人の一言をきっかけに母親に欲情し、肉体を求める。母親は「一回だけ」という約束で体を許したにもかかわらず、息子とのセックスの快感に溺れてしまう。マモルを求めるようになった母親は…。