快感実験

コミック

好きでもない人に体を触られて気持ち良いなんて異常だと言い、自分は絶対に感じたりしないと言い張る高橋さんに対して、俺は彼女の体を触り始める。初めは胸から、そして徐々に下へと手を滑らせていき、グチョグチョのアソコに…!