極悪痴漢2

コミック

いつもと同じように通学をする電車内…。標的となった無防備の女の子に性欲に満ちた男の淫手がゆっくりと忍び寄る。「や…、やめて、お願い」恐怖に声も出せず耐え続ける女の子に興奮した男は、舐め回すように指を下着の中へと這いずらせていく。片手で女の子の柔らかい乳房と乳首を揉みしだきながら、もう片方の手でクリトリスをえげつなく弄ぶ。「イヤ~~~!」叫べずに悶え苦しむ女の子を尻目に、今度は湿り始めた淫口をこじ開け、指を根本まで挿入させ、さらなる反応を楽しんでいく男。そしておもむろに自分の怒張した肉棒をズボンから引き出すと、そのままバックで女子のマ○コへと無理矢理に突っ込み犯し続けるのだった…『いつもと同じ朝のはずだったのに』。密閉された空間で行われる肉体を弄ぶ痴漢魔達の、正気とは思えない極悪な羞恥的行為!フェラ、ぶっかけ、口内発射、中出し…。無垢な女の子が男達の恥辱的な猥褻行為で悲劇の底へと突き落とされる!誰も助けてくれない、誰にも言えない最悪な時間…。人気作家が超過激に描く極悪ハード痴漢アンソロジー第二弾!!