黒の歌姫ヤミノエニシ(10)

コミック

光の歌姫フィーネを奪還するため、オラトリオン城に潜入した炎の歌姫・ラトゥカ。なんとか光輝の塔に辿り着いたラトゥカだったが、その前に姉のオスティナが立ち塞がる。その頃、フィーネが幽閉されている牢に淫魔のサロメが訪れていた。フィーネを淫売となじるサロメ。そして彼女はフィーネが抵抗出来ないのをいいことに彼女を犯し辱める。レガート以外の、しかも同性から犯されたことにショックを受けるフィーネ。しかし彼女への責めはまだまだ序の口に過ぎなかった…。