キャノン先生トばしすぎ(4)

コミック

ドグマ出版の忘年会に出掛けた貧太とキャノン。しかし○学生のキャノンは人前に姿を現すことが出来ず、貧太の鞄の中に入ったままで参加することに。宴もたけなわの頃、同僚の売れっ子ロリ作家に自らの作品を批判される貧太。一言も言い返すことが出来ない貧太は、一人会場を後にする。一方、キャノンの方はというと鞄の中でオナニーを始める始末。酒の勢いもあって暴走してしまった貧太は、キャノンの淫乱さをなじりながら彼女を激しく犯すのだった。