つみはは(3)

コミック

人妻凌辱調教連載。隣人の少年・夕に凌辱されてしまった涼子は、家事をこなしながらも肉体の火照りを抑えられない。それは、夕に付けられた媚薬とローターのせいだった。欲望の疼きに身を任せるように、再び夕の元を訪れた涼子に少年は口による奉仕を要求する。夕の責めでしか得られない快感を欲する涼子は、牝犬のように彼のペニスにむしゃぶりつくのだった…。