悦楽の生贄

コミック

「今日もヨガ教室行くのか?」と尋ねる夫に、笑顔で「うん、同じくらいのお友達も増えたし、それに終わるととってもスッキリした気分になるの」と答える妻の鈴音。しかしそのヨガ教室の実態は、見知らぬ男女が昼間から肉体を求め合う会員制の秘密クラブだった。マスクをした男の前に裸になり、差し出されたチ○ポを「とてもおいしいです」と丁寧にしゃぶる鈴音。破廉恥に股を開き、クリトリスを弄くりながら指を穴に激しく出し入れするオナニーをさせられながらも「御主人様のオチンポで犯して下さい!」と哀願する鈴音に、男は結合部が見えるような体位で激しく突き上げる。そして鈴音は巨乳を震わせ、ヨダレを垂らしながらアクメを迎えるのであった…『Puppet Club』。激しいエロさや羞恥の限りを尽くした濃厚かつ凌辱的な作品を集めた一冊。電子書籍だけで読める単行本未収録作品「美人秘書理江子調教日誌」を巻頭に収録した人気の実力派作家・星野竜一の豪華単行本!!