異形怪奇譚 ヤマノケ

コミック

大雨の夜、タクシーは道端で濡れ鼠になっていた男を乗せた。目的地までの間、男は怖い話を語り出す。そしてそれが終わった後、運転手が語り出したのは人里離れた山奥での話「ヤマノケ」だった。