女犯坊 怒根鉄槌篇 7

コミック

行脚へ出た竜水、道に迷い行き着いた尼寺で美しき尼僧と甘美な一夜を過ごす。が、目覚めると墓の下の死人を犯したとして村人に捕らえられていた…。「女犯経にいわく すさまじきもの 女性の業 死してなお煩悩やみがたし 夜な夜なさ迷い出ずる怨霊あり…」