女犯坊 怒根鉄槌篇 10

コミック

竜水を見初め、体を疼かせ、付きまとう好き者の「おまん」。竜水は、後ろ手に縛って放置する。「匂いを嗅ぎ付けた獣達が代わる代わる満たしてくれるであろう」。しかし、狩りをする侍が現われ…。「女犯経にいわく 道具を過信する者道具に死す 女もまた然り」