百人遊女 (2)

コミック

江戸時代―時には情けを、時には粋を客に売っては泪する場所、吉原遊郭。愛や夢だを語ってみても、一夜明ければ「さようなら」百人いれば百通り、遊女の想いがありました…