お家につくまでが遠足です(3)「イマジナリ」

コミック

ある朝目覚めると部屋に女が一人いた。男六人に女一人。朝、昼、午後、夕方。いろんな場所で睦みあい、そして女は逃げていった。