夢で逢いましょう(4)「眠り姫 その1」

コミック

私は昼でも夜でもヒマさえあればぐうぐう寝ていた。起きてもまたフトンに入りさえすればいくらでも寝られた・・・。眠る女教師、セックス、妄想の日々。